カードローンの魅力

カードローンは、とても魅力的な金融商品のひとつであると、私は思います。
カードローンがよい点は、あらかじめカードを作っておくことで、設定された限度額の中でいつでも自由にお金を借りたり、返済することができるという利便性ですね。
まあ要は即日借入OKであります!
これは、あたかも自分の銀行口座からお金をおろすかのような便利さに等しいのです。
しかも、最近はどこのコンビににもATMが備え付けられていて、カードローンも、そのATMを利用しての融資、返済ができるというのは何よりも利便性を増しているんですね。
給料日までの数日、あと何万円かあったら、もっと楽しい機会を逃さずにすんだのに。
と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、そのような方には、一種のつなぎ融資的なお守りとして、カードローンをお持ちいただくとよいのではないかと思います。
いつ使うかわからないけれど、とりあえず、カードだけでも作っておこうかな?というのもありじゃないでしょうかね?

お金持ちは基本ケチだよねw

お金を大切にする人だからお金がたまるのかもしれませんが、お金を持っている人ほど、金額の大小にかかわらず、お金の使い道にこだわりがあるように感じます。
自分の資産からすれば、気にならないほどの少額のお金でも、使い道として納得できなければ、けして使わないのが本当のお金持ちであるのに対して、たまたま人よりちょっとだけお金持ちになっただけの人の場合は、金額の大小によって、お金の使い方の判断が変わることが多いように感じます。
例えば、月収100万円の人は、10万円の「特に必要ではない品物」はまず買わないと思いますが、それが、1千円とか2千円程度であれば、特別必要と思わなくても、場合によっては買ってしまうのではないでしょうか?自分の資産との比較でお金の価値を図るのではなく、絶対的なお金の価値というものを自分の中に持っているかどうかが、本当のお金持ちとそれ以外を分けているように思います。この先もずっとお金持ちで居続けそうな人と、たまたま今はお金持ちな人との差は、そんなところに有りそうな気がしています。
そして、お金の価値が自分の資産とかかわらず、絶対的な価値判断が易るいとは、絶対的な価値判断の軸を持っている人のほうが、より論理的な判断をする可能性が高く、結果として成功しやすくなっているのではないでしょうか。